お電話でのご予約はこちら

tel.042-808-9412

緑のハリネズミ印の
昭島市緑町の鍼灸院

- Facebook -

お知らせNEWS

院長の気まぐれブログ🦔膝の痛み これで解消 Part,2

2021.04.08

こんにちは、院長の金久保です。
今回は膝の痛みPart2ということで、スポーツによる膝の痛みについてお話ししたいと思います。

膝関節は屈伸の一方向性の動きが可能な関節です。しかし、膝関節は螺旋関節とも呼ばれ、屈伸と同時にわずかな回旋運動の動きが可能な関節でもあります。サッカー、ラグビー、テニス、スキー、ゴルフなどで、スライディングやタックル、膝を入れるなど必要以上に膝関節が回旋運動することにより、靱帯や半月板を損傷して膝痛が起こります。そして、スポーツなどで靭帯や半月板を痛めた後、適切な治療が行われなかった場合、将来、変形性膝関節症を発生する可能性が高くなると言われています。膝を痛めた場合にはしっかりと治療を受けておくことが大切です。

また、変形性膝関節症で関節内に炎症があると滑膜から大量に関節液が分泌され関節内に溜まった状態になります。関節液を抜いても関節炎が治まっていなければ、関節液はまた溜まります。そのため、「水を抜くとクセになる」と言われるようになったのだと思います。

では治療法ですが、基本は運動療法になります。痛みが強く運動を行えない場合には無理をせず、座ったままや横になったままで膝を支える筋肉を鍛えることをお勧めします。

1, 椅子に座り、そのまま片側の膝を床と平行になるようゆっくり伸ばし、5秒間静止することを左右10回行い、太もも前側の大腿四頭筋を鍛えます。

2, 椅子の背もたれや机に片手を置き、足を肩幅に開いて立ち、両かかとを10回上げ、ふくらはぎの下腿三頭筋を鍛えます。

3, 横向きに寝て、上側の足を伸ばしたまま寝た腰の高さにかかとを上げ、5秒間静止することを左右10回ずつ行い、お尻の中殿筋を鍛えます。

昭島緑町鍼灸院では、治療だけでなく、ご自身でできる身体の改善方法、患者さんに併せてカウンセリングも行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。